ハマニウェルリビング(浜松市浜北区)のリフォーム事例

屋上の防水リフォーム  浜松市天竜区H様邸

経年劣化で、だいぶ傷みが目立ち始めていた屋上の防水加工をリフォームしました。

最後にトップコートを塗って仕上げて完成です。

 

田島ルーフィング(株)様の【新・環境対応型ウレタン塗膜防水】を使用しました。

施工途中

まずは、防水シートを撤去します。

スムーズに防水シートを撤去することができました。

防水シートを撤去し、下地が現れてきました。

丁寧にプライマーを塗っていきます。

塗布防水をまずは、1回目塗っていきます。

2回目の塗布防水を塗っていきます。

田島ルーフィング【新・環境対応型ウレタン塗膜防水】

オルタックエースが継承する性能・品質のコア・テクノロジー

 

新築、改修を問わず幅広い現場で、長年にわたり信頼を築いてきたオルタック防水。

性能や品質を支えるコア・テクノロジーは、オルタックエースにも受け継がれています。

その根幹にあるのは、優れた防水性能を100%発揮できるよう、現場での施工作業性向上を実現するテクノロジーです。

ウレタン防水のパフォーマンスを向上させる衝撃シートと下地処理システム

液体のウレタン塗膜防水材とシートやボードなど定型の防水材、副資材を組合わせるハイブリッド技術の幅広さもオルタックシリーズの大きな特長です。

緩衝シートによるハイブリッド技術

通気緩衝複合工法

 

シートを用いる複合工法は、下地挙動をウレタン層に伝えず水分を上手く脱気させる通気緩衝機能、シート同士の継ぎ目の確実な強度などが要求されます。

機械的固定工法

 

機械的固定工法は、強靭なオルタックシートLGをディスク+アンカーで下地に固定し、ウレタン塗膜防水で仕上げる複合工法です。

乾式パネルによるハイブリッド技術

 

アスファルトパネル工法

厚み4㎜のバリボードPSを用いてウレタン防水複合工法用の下地をつくります。荒れた下地や水分を多く含んだ下地、タイル下地であっても、乾式パネルのバリボードPSを下地に貼り付けることで下地調整が完了。樹脂モルタル塗布などによる湿式の下地処理を必要としないため、大幅な工期短縮やコスト削減に貢献します。オルタックシートとの組み合わせによる工法で、工事期間中の降雨対応も万全です。

オリジナル下地処理システム

 

メジパス シール工法

厚み0.3㎜のアルミ板「メジパス」を既存伸縮目地材撤去後に、ウレタンシールOTシールを用いて貼り付ける目地処理工法。目地部の挙動の緩衝と湿気による防水層フクレ防止に効果を発揮します。

アゴテープ工法

 

パラペットアゴに水切り目地が設けられていない場合、アゴの裏を雨水が伝わってしまいます。アゴテープはウレタン防水施工前にアゴ先端に貼り付けるだけでパラペット天端から伝う雨水を速やかに切り流します。

わが家も防水リフォームをしたいと言う方は、是非ハマニウェルリビングまで、ご相談ください。

 

ハマニウェルリビングは、あなたの快適な暮らしを応援します。

浜松市、浜北区にお住まいの皆様。

お困りごと等、お気軽にご相談ください。

 

外壁・屋根リフォーム一覧へ >

関連リフォーム事例を見る

外壁・屋根リフォームお客様の声を見る

リフォームの不安やお悩み、ハマニウェルリビングと一緒に解決しませんか?

リフォームの不安やお悩み、ハマニウェルリビングと一緒に解決しませんか?

当社へのお問い合わせ、ご相談は無料です。

小さなリフォームから外壁や塗装などの大規模リフォームまで、どんな小さな質問でも結構です!リフォームのお悩み、ご相談などまずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
当社はお問い合わせ後に押し売り訪問はいたしません。仕事に対してのやる気はどこにも負けないという思いはありますが、押し売り営業をやる気は一切ございませんのでご安心ください。
キッチンやトイレ、浴室など水まわりのことから外構、エクステリア、屋根、外壁までおうちのリフォームは、浜松市浜北区を中心に多数の施工実績のある私達におまかせください!

  • 0120-712-676
  • お問い合わせフォーム LINEでお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせはこちら0120-712-676
  • メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせはこちらLINEでのお問い合わせ

25坪から始める賃貸経営

Copyright c Hamani Well Living All rights reserved.

single-reform